院長BLOG

2012年6月11日 月曜日

下顎インプラント埋入について

過日50代男性の上下顎にインプラントを埋入しました。

歯の欠損部が多く、全てインプラントで治療するとかなり大変なので、インプラント義歯で予定を組んでいます。
欠損部への埋入は比較的簡単だと受け取られがちですが、実際は歯を抜いたときに状況で変わるので注意が必要です。
抜歯後、抜歯窩を入念に掻爬していればしっかりとした骨が再生します。
しかし掻爬を怠ると骨の再生が悪くなります。したがってインプラントを入れにくくなります。
今回は欠損部が大きいので、インプラント周囲の骨を少し削って、埋入いたインプラント周囲に骨移植をしました。
術後疼痛などはほとんど無く経過良好です。


投稿者 デンタルライフクリニック院長