院長BLOG

2012年6月12日 火曜日

ジルコニアインプラントの素晴らしさを改めて実感しました

今日は70代男性のジルコニアインプラントの上部構造物を装着いたしました。

ワンピースなのでアバットメントの部分は口腔内に露出しやすいのですが、セラミックの大きな利点である「清潔」である部分がいかんなく発揮されて、プラークの付着などもほとんどなくとてもきれいです。これはあまり謳われていませんが、ジルコニアインプラントは歯肉の炎症が起こりにくくインプランタイティスの可能性も低く抑えられるような気がします。
ちなみに、チタンインプラントはプラークが付着しやすいので炎症を起こさないために細心の注意が必要です。

フィクスチャーは下顎なので、デンタルライフクリニックでは安全を期して埋入後4か月待ってからの装着となります。現在のチタンインプラントに比べ骨結合にやや時間がかかるようでが、今後世界中のデータが取れてくれば、改良も進みもう少し短い時間で上部構造物を装着することができるようになると思います。



投稿者 デンタルライフクリニック院長