院長BLOG

2012年6月 8日 金曜日

インプラントとRAMPA

インプラントはもとを辿れば歯が欠損したところに行う治療であって、もし歯が欠損しなければその必要はないのであります。

インプラント治療は歯を失った部分の治療として素晴らしいのですが、自分の歯で咀嚼できることは当然最も素晴らしいことであります。デンタルライフクリニックでは当然、自分の歯で生涯自分の歯で咬めるように支援しています。

なぜ歯を失ってしまうのかといえば、殆どは虫歯と歯周病でしょう。いずれも予防できる病気です。簡単にいえば病原菌の攻撃をかわせればいいのです。

病原菌の攻撃が無ければ一番いいのですが、古代人のような生活(菜食主義、低脂肪、低糖質)をしていれば別として、現代人では一部の人を除き、まず無理と言えるでしょう。

そこで考えなければいけないことは病原菌の攻撃を防ぐことです。それにはまず、口呼吸ではなく鼻呼吸であること、歯並びが良いことなどがあげられます。そして、日々のブラッシングを怠らず、時々歯医者でクリーニングしてもらうことなどがあげられます。


RAMPAという顎顔面矯正治療ではでは、子供の内に呼吸や口の中の環境作りをして、体の免疫力を上げ、病原菌のからの攻撃に対し強い体を作ります。将来、大人になってインプラントにならないための体づくりです。

投稿者 デンタルライフクリニック院長