院長BLOG

2012年7月27日 金曜日

アパタイトインプラントの現状

横浜市磯子区根岸にあるデンタルライフクリニックの院長は、過日、アパタイトインプラントについての講演を聞きました。

まず、物凄く驚いたことは、スエーデンや、スイスに本社を置く世界のトップブランドのインプラント製品が日本製の機械で作られているということです。日本のインプラント工学的技術が極めて高いということです。
これだけ高い技術を提供できる国でありながら歯科インプラントの普及率は先進国と比較してかなり低いということが分かりました。マスコミがインプラントを否定的に報じることが多くなり、インプラント治療を敬遠されている人も増えているそうです。

何らかの理由により歯を抜いた後は、通常、義歯やブリッジにより欠損部分を補填しますが、意外とそれが成されていない、すなわち「歯を抜きっぱなし」の方がかなり多いという事実も明らかにされました。

現在のアパタイトインプラントとは、ハイドロキシアパタイト単体のインプラントではなくチタンインプラントにハイドロキシアパタイトをコーティングしたものが主流になっています。工業的にはアパタイトの結晶構造に改良を加え、チタンインプラントにコーティングする技術も進歩したものとなっています。
一番の問題は、ハイドロキシアパタイトが剥がれてしまうことです。これを無くするために企業はしのぎを削って競争し進歩させています。その中ではスパッタリング法(薄く吹き付ける方法)がアパタイトの層が薄く、インプラントからも剥がれにくいので臨床的には良好と言うことでした。

投稿者 デンタルライフクリニック院長