院長BLOG

2012年9月 7日 金曜日

抜けた歯をそのままにしておかないことが大切

歯は1本なくなっても、いろいろと問題が起きることがあります。

歯が抜けてしばらくすると慣れてくるので、
感覚的には気にしなくなるため、
放っておく人が多いのですが。


しかし、実は、噛むという行為に支障を来たしていることに
気が付かないだけで、決して問題がなくなったわけではありません。


頭痛や肩こり、内臓や腰痛など歯から離れたところに
影響を及ぼすこともあります。


また、抜けた歯の両サイドの歯は
次第に抜けた歯のあった方向へ傾いて来るため、
歯と歯の隙間も次第に広がってきます。


歯と歯の隙間には、どうしても物が詰まりやすくなるため、
噛み合わせが悪くなるだけでなく、
虫歯にもなりやすい状態になるわけです。


ですから、歯が抜け落ちたり、
事故などで歯を損傷してしまったりした場合には、
なるべく早く対処をして欲しいと思います。


なくなった歯を補う治療法としてはブリッジ、
部分入れ歯、インプラントなどがあります。


中でもインプラントは人工歯根を顎の骨に直接埋め込んで
新しく歯を作るというもので、自分の歯と同じように
噛むことができるようになる優れもので、
また、インプラントによる新しい歯は、
周辺の歯に負担をかけることがないという利点もあります。


歯のない方は、早めにご相談ください。

投稿者 デンタルライフクリニック院長