院長BLOG

2012年9月13日 木曜日

インプラント治療とその流れについて

インプラント治療とは顎の骨にチタン、
チタン合金、セラミックなどでできた
歯根を埋め込むものです。

治療の流れとしては、まず、カウンセリングをし、
患者さんに合う治療法や他に
どのような治療法があるかなどの説明をします。


治療期間や費用などについてもご説明します。

インプラントを行うとなった場合には、
そのために必要な検査に入ります。

咬み合わせ状態、顎の骨の状態などをチェックし、
その検査結果を元に治療の内容、
方法など詳しくお話しいたします。


インプラント手術をする前には、
そのために必要な口腔内の環境を整えるところから始めます。


インプラントに影響を及ぼすような虫歯や、
状態の悪い歯肉は改善する処置が必要ですし、
保存が危ぶまれる歯は抜歯の必要もあります。


また、仮歯が必要な場合には、仮歯を作ることもあります。

いよいよインプラント手術に入りますが、
1回でする場合、2回でする場合など、
患者さんに合った方法で処置します。


インプラントを埋め込んで、それで終わるわけではありません。


手術後、顎の骨とインプラントが
堅固に結合するまでには時間がかかります。


数ヶ月かかるのが普通です。
完全に固定された後、最終的な歯を装着します。


その後、レントゲンで確認し、咬合調整やインプラント周囲の
歯肉や清掃状態のチェックなどを定期的に行います。


「手術」と言うと怖いと思われがちですが、
「無痛治療」もありますので、ご安心ください。


インプラント治療についてわからないことなどあれば、
お問合せフォームなどから気軽にお問合せください。

投稿者 デンタルライフクリニック院長