院長BLOG

2012年12月21日 金曜日

インプラント治療はデンタルライフクリニックで

インプラントの始まりは、1950年代に研究が始まり、実用化されてから40年以上の歴史を持ちます。日本では25万人以上、世界では1000万人以上の人たちが使用されています。
インプラントへのイメージは、手術をするのが怖いや痛そう等あります。
しかし、世界上で使用されている信頼性の高い治療法だと言えます。

インプラントとは、植え付けるという意味で、歯医者さんでは人工歯根のことを意味します。
インプラント治療とは、虫歯や歯周病などで歯を失った後に、インプラント(人工歯根)を骨の中に植え込んで、そこに歯(人工歯冠)をネジとセメントで留めることで、自分の歯と同じように噛むことができる方法を言います。
インプラント治療のメリットは、食事の際の歯茎の痛みもなく、歯を失う前の自分の歯と同じ様に噛むことができること、着脱式の義歯に比べて装着感が良いこと、義歯より汚れが付きにくく衛生的であることなどがあげられます。

しかしデメリットもあります。インプラント治療は手術をすることから身体的ストレスやリスクを伴うこと、治療期間が義歯などに比べると長くなってしまうこと、そのため審美性を長期的に失うこと、そして、治療費おいては保険が適用されない等から義歯などと比べると高額になってしまうことなどがあげられます。

デンタルライフクリニックでは、このようなインプラントに関するメリットデメリットをしっかり説明しインプラント治療を理解していただいて治療を行っています。

投稿者 デンタルライフクリニック院長