院長BLOG

2012年12月28日 金曜日

恐怖心の強い人へのインプラント治療方法

歯医者さんに通うのが好きだと大きな声で言える人はそんなに沢山いないのが現実です。
多少歯が痛んでも我慢できる程度なら我慢してしまうという人も多いです。
歯医者さんが苦手という人は、見えない口の中でどんな治療をされているのか不安であり、機械の音などを怖がる人が多いようです。

インプラントのメリットなどを知るとインプラント治療に興味を持つ人も多いですが、普通のむし歯治療とは違い手術を伴うことや骨にインプラントを埋め込むなどと聞くとやはり恐怖心が大きくなってしまうものです。
デンタルライフクリニックでは、恐怖心の強い方のために痛みの少ないインプラントを提案しています。
気持ちをリラックスさせる薬をインプラントの手術時に使用することで、手術のストレスを少なくし、痛みを少なくすることができます。

高血圧や心疾患を持つ人に対しても、身体へのストレスを軽減するためには薬を使うことは良い方法です。
デンタルライフクリニックでは、静脈鎮静法を行っています。

静脈鎮静法とは、鎮痛剤と静剤を上腕部の静脈に点滴で投与する方法です。
静脈鎮静法は全身麻酔と違い意識のある状態で手術を行う方法です。

身体にかかる負担が軽減と術後の早期回復ができます。
日帰りの手術となります。恐怖心の強い方にとっては、とても安全で有効的な治療法です。

投稿者 デンタルライフクリニック院長