院長BLOG

2013年8月27日 火曜日

インプラント治療と他の治療法との違いについて

虫歯や歯周病などによって歯を失った時の治療には、義歯(入れ歯)、ブリッジ、インプラントの方法があります。

義歯は金属の留め具を使って歯にはめ込む仕組みのため、どうしても話しにくい、食べにくい、カスが挟まって痛いなどの症状が出てしまいます。
ブリッジでも同じ様な症状があり、ブリッジのために周りの健康な歯を削る場合もあります。
義歯やブリッジなどの治療を行っても、色々なトラブルが出て何度も作り替えたり調整する等の弊害があります。

しかし、インプラントでは食事の時の歯ぐきの痛み等もなく元の自分の歯と同じ様にしっかり噛む事も出来、周りの健康な歯への負担もありません。
横浜市磯子区の歯科院ではインプラントのご説明をしっかりさせていただきます。
ぜひ一度ご相談ください。

投稿者 デンタルライフクリニック院長