院長BLOG

2014年2月24日 月曜日

チタンインプラントとセラミックインプラントの違い

インプラントには、耐腐食性の高いチタンやチタン合金を使用するのが主流です。
骨とも結合しやすいため、骨の固定材料として、人工歯根としてだけでなく、人工関節などにも使用されています。

しかし、チタンの人工歯根を使用すると上部構造物に金属の色が透けて見えることもあります。
また、金属アレルギーがある方への負担を考えると、チタンよりもセラミックを使用する方が良いと言えます。
セラミックには歯垢なども付着しにくいという利点もあります。

当クリニックでは、歯を失った患者さまにセラミックインプラントをおすすめしています。
横浜市磯子区にお住まいで、安全性の高いインプラントをお考えの方は、当クリニックまでご相談ください。
口腔内の状態を見て、治療法やセラミックインプラントについて詳しく説明いたします。

投稿者 デンタルライフクリニック院長