院長BLOG

2014年6月30日 月曜日

抜けた歯の補いは横浜市磯子区のクリニックでインプラント

乳歯とは異なり、
永久歯は一度抜けてしまうと次に生えてくる事がないため、
事故や虫歯などで失ってしまった場合、
人口の歯で補う事が必要になります。
全ての歯が抜けてしまった場合には入れ歯で全体の歯を補う事は出来ますが、
部分的に抜けてしまった場合、
インプラントを用いられる事が多いです。

インプラントは、
歯が抜けてしまった部分に専用のフィクスチャーと言われるネジを埋め込み、
そのネジに人口の歯を付ける事で歯を補います。
1本からでもインプラントを埋め込む事はできますが、
並ぶ3本などの歯が抜けてしまった場合には、
ブリッジと呼ばれる方法も活用されます。

ブリッジは人口の歯を付ける際に両端の歯を削る事で土台を作製し、
橋をかける様に両端にフィクスチャーを埋め込み行なわれます。
もし、全ての歯が抜けてしまった場合には、
インプラント義歯や総入れ歯を活用して補う事が多いです。

歯は一本でも抜けてしまうと容姿に影響が出てしまう事もあれば、
食事を気分良く行なえない事にもなってきます。
横浜市磯子区では、
インプラントによる施術を行なっており、
数々の患者様のご対応をしています。
歯に影響するトラブルによって抜けてしまった場合には、
早急に対応する事が可能なので、
是非一度当院にご連絡下さい。

投稿者 デンタルライフクリニック院長