院長BLOG

2014年9月26日 金曜日

インプラントは横浜市磯子区にある当院にお任せください

歯が抜けた時の治療法はインプラント以外に入れ歯がありますが、
入れ歯は、ほとんどの歯が抜けた際に適している治療法ですが、
数本の歯が抜けた際には適しておらず、
インプラントのほうが優れていると言えます。

インプラントは歯が抜けた箇所に人工歯を装着するという治療であり、
数か所の歯が抜けてしまった時に優れている治療法です。
歯の状態によっては治療ができないケースもあるので、
ほかの治療法を含めてどの治療法が良いかを歯科医院に相談してください。

インプラントは非常に優れた治療ですが、
いくつかデメリットも存在しています。
まずは治療期間が長いことです。
治療期間は半年ほどになることが多く、
定期的に歯科医院に通うことができるかたでないと治療は難しいです。
ほかには、健康保険でおこなうことができるほかの治療法と比べ、
治療費が高額となってしまうことです。
高額な治費を支払うことができるかたがおこなうべきです。
また、インプラントは外科手術であり、
100%成功するというものではありません。
ごくわずかの可能性ですが、
何らかの障害が残ってしまうこともあるということを理解した上で、
治療をするかどうかを考えないといけません。
デメリットはありますが、メリットもたくさんあるので、
ほかの治療法と比較をした上で治療法を選択してください。

投稿者 デンタルライフクリニック院長