院長BLOG

2013年5月28日 火曜日

当クリニックの「ジルコニアインプラント」治療

こんにちは、根岸駅から歩いて2分のデンタルライフクリニックでございます。
当院でのインプラントの治療には、「ジルコニアインプラント」を採用しております。
というのも、理由は、美しさと衛星面の高さです。
やはり、白くてきれいな歯になることは、どんな方にとってもうれしいことです。
「ジルコニア」とは、アクセサリーによくありますが、人工ダイヤモンドと言えば分りやすいでしょうか。
この「ジルコニア」は、セラミックでできており、仕上がりの美しさは、チタンよりも優れており、なおかつ、強度もチタンに匹敵するほどです。
歯科素材としてとても高く評価されています。

また最大の魅力は、汚れのつきにくさです。
例を挙げてお話ししますと、トイレの便器はセラミックでできています。
つまり汚れが付きにくいのです。
このように、セラミックは、汚れがつきにくい素材のために、口腔内で使用するとプラークは自然の歯よりも付きにくいでしょう。

当院では、2010年に「ジルコニアインプラント」を導入いたしました。
それは、口腔内に金属を使用しない、体に負担の少ないインプラント治療をご提案したいと考え、完全ノンメタル治療を目指すためです。
患者様にとって安全性、審美性の高いものをご提供させていただきたいと考えています。

「ジルコニアインプラント」は、金属アレルギーを持っている方にお勧めです。
金属アレルギーだからとあきらめられていた方は、是非、お越しください。

投稿者 デンタルライフクリニック院長 | 記事URL

2013年5月21日 火曜日

義歯は、「誤嚥性肺炎」引き起こすことがあります

歯をなくしてしまうと、治療方法は、義歯(入れ歯)か、ブリッジ、インプラントになります。

標準的な義歯の場合、プラスチック製の入れ歯本体を金属の留め具(バネ)を使って歯にはめ込むという仕組みです。
この義歯のデメリットに、装置が大きすぎて話しにくいこと、食事がしにくいことなどがあります。
高齢者に多い病気で、「誤嚥性肺炎」になる確率も高いようです。
この「誤嚥性肺炎」とは、食べ物や唾液に含まれる細菌が、気管から肺に入ってしまうことが原因で起こります。
高齢者は、感染防御機能が低下しているため、もともと肺炎になりやすく、不衛生な義歯を使用していると、義歯に付着している病原菌によって、肺炎にかかってしまうことがあるようです。
義歯は、想像以上に細菌が付着しています。
入れ歯洗浄剤などを使って、しっかりとお手入れすることが重要です。

その点、インプラントは、衛生的です。
義歯に比べて汚れが付きにくく、ご自身の元の歯で食事をした時と同様の感覚で、おいしく食事を楽しむことが出来ます。
また、装着するなどの手間もありませんので、楽です。

入れ歯でお悩みの方は、是非、横浜市磯子区のデンタルライフクリニックまで、一度お越しください。
診察日は、月、火、水、金、土です。
お待ちしております。

投稿者 デンタルライフクリニック院長 | 記事URL

2013年5月19日 日曜日

費用のシュミレーションをしてみましょう

インプラントの治療は、高額だと懸念される方もいらっしゃいます。

では、ここで例を挙げて治療費をシュミレーションしてみましょう。
例えば奥歯2本の治療を例にとります。
標準的な金属床の義歯では、50万円かかります。
またインプラントでは、倍の100万円位です。
そして、金属床には、10年くらいで使用限界がきてしまいますが、インプラントではおよそ30年位はもつといわれています。
30年使用すると考えましょう。
単純計算で、インプラントは1回、金属床の義歯は3回の治療が必要です。
しかし、年を重ねると、他の歯を失ってしまうこともあるでしょう。
すると、元の義歯は合わなくなり、その都度治療が必要になり、費用はどんどんかかります。
インプラントを選択すると、治療したインプラントが抜けてしまった場合は、再度埋入できます。
しかし他の歯は残ります。

また、患者様によって、治療方法も異なってまいります。
デンタルライフクリニックのインプラント治療は、院長がカウンセリングを行います。
患者様の疑問点やご質問にお答えしたいと思います是非、ご来院ください。

投稿者 デンタルライフクリニック院長 | 記事URL

2013年5月14日 火曜日

インプラント治療で、アンチエイジング対策を

口元のキレイな方は、人にとてもよい印象を与えます。
笑ったり、話したり、食事をするなど、きれいな口元は、男性も女性も憧れます。

年を重ねると、歯茎がやせてしまったりして、口元にしわが出来てきます。
これが老けた印象を与えてしまう原因なのです。
「アンチエイジング」の方法に、口元の筋肉を鍛える顔のストレッチ運動などもあります。やはり若返りのポイントとして、表情筋を鍛えることで、口元にハリが出て、顔の表情も明るくなるのでしょう。

歯でお悩みの方が、もしインプラント治療をしていただければ、食事時にしっかりと「噛む」ことができます。
噛むことで、表情筋が鍛えられます。
また、口元に自信がもてますので、話すことや笑うことも、自信が持てるでしょう。
このように、「よく噛む」ことは、口元にハリを出し、脳を活性化します。
さらに、心の内面まで明るくなれるでしょう。
あなたも、インプラント治療をして、「アンチエイジング」対策をしませんか。
デンタルライフクリニックは、JR根岸駅から歩いて2分で、駐車場もございます。

投稿者 デンタルライフクリニック院長 | 記事URL

2013年5月11日 土曜日

インプラント治療は、医療費控除の対象です

近頃、よく目にするようになった、歯の治療のインプラント。
これは自由診療となり、健康保険が適用されません。
しかし、医療費控除の対象になります。

当院での、インプラントの治療費は、HPに症例別に掲載しておりますが、これは一例であり、患者様に合わせた治療があり、金額が決まりますので、一度状態を診せていただきたいと思います。
そして、インプラント治療は、手術などが伴います。
しばらく通院の時間を頂くことになります。
さらに、治療終了後も、メンテナンスのために定期的な通院をお願いしております。
当院は、治療後もしっかりとフォローいたします。

医療費控除をされる際は、必ず当院で発行されたレシートや領収書をなくさないようにお願いします。
また、通院の為に利用した電車やバスなどの交通機関の費用も適用されますので、一覧表などにして料金を残しておいてください。
タクシーの場合は必ず領収証をもらいましょう。
また、生計を同じにしているご家族の方の医療費も合算されますので、ご家族で年間10万円以上の医療費をお支払になった年は、気を付けて、還付申告を行うようにしてください。
ご相談は随時受け付けております。
お待ちしております。

投稿者 デンタルライフクリニック院長 | 記事URL