院長BLOG

2013年8月27日 火曜日

インプラント治療と他の治療法との違いについて

虫歯や歯周病などによって歯を失った時の治療には、義歯(入れ歯)、ブリッジ、インプラントの方法があります。

義歯は金属の留め具を使って歯にはめ込む仕組みのため、どうしても話しにくい、食べにくい、カスが挟まって痛いなどの症状が出てしまいます。
ブリッジでも同じ様な症状があり、ブリッジのために周りの健康な歯を削る場合もあります。
義歯やブリッジなどの治療を行っても、色々なトラブルが出て何度も作り替えたり調整する等の弊害があります。

しかし、インプラントでは食事の時の歯ぐきの痛み等もなく元の自分の歯と同じ様にしっかり噛む事も出来、周りの健康な歯への負担もありません。
横浜市磯子区の歯科院ではインプラントのご説明をしっかりさせていただきます。
ぜひ一度ご相談ください。

投稿者 デンタルライフクリニック院長 | 記事URL

2013年8月25日 日曜日

歯の治療は怖いという恐怖心が強い方への治療

歯医者さんに行くのが楽しい治療が好きなどと言われる方はほとんどおられないのが現状です。
他の病院はなんとか我慢できるけれど、歯医者さんだけは苦手だという声もたくさんお聞きします。
自分の見えないところで、何をされているのかわからず怖いと思われる方も多いようです。

近年、虫歯や歯周病で失ってしまった歯の治療であるインプラント治療という治療方法を聞く機会も増えています。
しかし、骨に直接ネジを入れて等と聞くと痛そうで怖いと言う気持ちが倍増されてしまいます。

横浜市磯子区の当歯科医院では、恐怖心の強い患者様には、痛みの少ないインプラント治療を提供しています。
インプラントの手術の時には、気持ちをリラックスさせる薬を使うことで手術のストレスを軽減させ、痛みを少なくすることができます。

投稿者 デンタルライフクリニック院長 | 記事URL

2013年8月12日 月曜日

インプラント治療による効果について

子供の頃よく物をかんで食べましょう、一口100回噛んで食事をしましょう等と言われた事がある人も多いと思います。
噛むこと、つまり咀嚼とインプラントとは大きな関係があります。

よく噛むことは美容面から言えば、顔の多くの筋肉を使う運動でありフェイスアップ効果があります。
また、よく噛むことで消化が活発になる効果もあります。
しかし、虫歯や歯を失ったことが原因で、自分の歯でしっかり噛むことができなくなってしまったら当然これらの効果は得ることはできません。

インプラントは、直接顎の骨に歯根を埋め込むことでぐらつきなどが無く、自分の歯と同じ様にしっかり物をかむことができます。
しっかりものをかむことで酵素が供給されて脳が活性化され様々な健康効果をもたらします。
認知症も防げると考えられています。

投稿者 デンタルライフクリニック院長 | 記事URL

2013年8月10日 土曜日

インプラント治療の事なら横浜市磯子区のクリニック

インプラントとは体内に埋め込むペースメーカー等医療機器や材料の総称です。
歯を失った場合顎骨に直接人工歯根を埋め込む事が歯科インプラントです。

インプラントの治療は40年以上の歴史を持ちます。
1965年にネジ状のチタン製のインプラント臨床が開始されてから様々な臨床結果をうけ改良がおこなわれてきました。

現在日本では25万人以上、世界では1000万人以上が使用している信頼性の高い治療法です。

顎の骨にネジを埋め込む等と聞くと恐ろしい危険で痛そうな治療だと思う人もいます。
インプラントの歴史と臨床結果、改良を重ね、安心で安全、クオリティーの高い技術の治療が受けられます。
自分の歯として甦るような素晴らしい技術であり、自分の歯と同じ様に噛むことができ、周りの歯に負担をかけない等良い点が多い治療方法です。

投稿者 デンタルライフクリニック院長 | 記事URL

2013年8月 7日 水曜日

横浜市磯子区でインプラント治療を行う歯科医院

デンタルライフクリニックは、生活と生命にかかわる歯科治療を目指して治療を行っています。
病める方ひとりひとりの人生の内容の質や社会的に見た生活の質を向上するための歯科治療を行っています。
そしてみなさまの体の健康と長寿を目指す歯科医院として日々診療しています。

当院のインプラントは、金属を使わないジルコニアインプラントを使用しています。
痛みの少ない治療で、インプラント治療歴15年以上の実績のある歯科医師がカウンセリングから手術まで行います。
高齢者の患者さまも安心して治療が受けられます。
他院でインプラントは難しいと言われた場合のご相談も受けています。

インプラントの技術が世の中に出て約50年以上になります。
インプラントという選択によって、人生が変わります。
ぜひご相談ください。

投稿者 デンタルライフクリニック院長 | 記事URL