「金属」を使わないインプラント治療
痛みの少ないインプラント治療

インプラントとは

インプラントは、1950年代に研究が始まり、実用化されてから40年以上の歴史を持ち、日本では25万人以上世界では1,000万人以上のの方に使用されており、非常に信頼性の高い治療法です。
一般的に「インプラント」とは「植えつける」という意味で、歯科では人工歯根のことを意味します。
インプラント治療とはインプラント(人工歯根)を骨の中に植え込み、それに歯(人工歯冠)をネジやセメントで留めて自分の歯と同じように咬めるようにする方法です。

インプラント治療のメリット・デメリット

良く咬めること以外に治療を選択する際に忘れてはならない重要なファクターに審美性(見た目の美しさ)があります。
話すとき、笑うとき、食事するときなど口元の美しさで人に与える印象はずいぶん変わります。

「アンチエイジング」という言葉を耳にすることがあると思いますが、これは一般的に「抗加齢」、「抗老化」、「若返り」の意味で使われています。口元は若返りのキーポイントだと思います。例えば、老けた顔を絵に描くときに欠かせないのが口元のしわです。これがあるだけで老け顔になります。

良く咬むことによって、表情筋が鍛えられ、口元にもハリが出て若々しく見えるようになります。口元ひとつで顔の印象が変わります。

自分の歯でしっかり咬むことは、さまざまな健康効果をもたらします。
歯を失ってしまった場合、咀嚼回復のためには義歯(着脱式の入れ歯)、ブリッジ(固定性の入れ歯)、インプラントの治療法を選択しなければなりません。しっかり咬める義歯やインプラントが入っていることは健康のためにも非常に大事なことです。
「長寿は歯から」という言葉があります。食べ物は口から入り、歯で咀嚼されて主に小腸から吸収されていきます。口で始まる消化の働きがうまくいかないと、食べたものが十分に吸収されず、エネルギーとして十分に活用されず健康も害されてしまいます。

また、良く咬めば、唾液もたくさん分泌されます。唾液には消化酵素の「アミラーゼ」が含まれており、デンプンを糖に変え、吸収しやすい形にしてくれます。 しかし、それだけではなく唾液には免疫を担う物質がたくさん含まれています。その中の免疫グロブリンは体内に侵入した細菌の増殖を抑えてくれます。
さらに「パロチン」というホルモンは傷ついた細胞を修復する作用があり、若々しい細胞を保つのに重要な働きを持っていることがわかっています。

よく咬むことにより咀嚼筋(咀嚼にかかわる筋肉 咬筋、側頭筋など)が活発に働き、これらの筋肉に近い脳の血流が増え、脳を刺激します。脳は全身の臓器の中で最も酸素の消費量が多く活動には大量の酸素を必要としています。咬めば咬むほど酸素が供給されて脳が活性化され、認知症も防げると考えられています。咬める義歯やインプラントに治療により、しっかり咬めるようにすることは重要であると考えられます。

唾液に含まれる「ペルオキシダーゼ」という酵素は、活性酸素(細胞を傷つける物質)を除去ることにより、ガン、動脈硬化、糖尿などの疾患を予防します。

このようにインプラントは、自分の歯として甦るような素晴らしい技術です。インプラントは自分の歯と同じように使え、周囲のほかの歯にも負担をかけません。

現在、インプラント(フィクスチャー)は世界中で作成されておりクオリティーも様々です。
一般的には「チタン」という金属(時計、メガネのフレームの素材になっています)を使いますが、他の金属と混ぜた合金(チタン合金:クオリティーは低い 上部構造物の部品としては適切)や、表面をハイドロキシアパタイトという骨の結晶構造ににた物質ををコーティングしたものもあります。

形状も多種多様です。その中で純チタン(Titan含有率99.99% Grade4:最高品質)を採用しているインプラントは数種類しかありません。
当院のチタンインプラントは世界最高峰のクオリティーを誇るブローネマルクインプラント、ストローマンインプラントおよびそのシステムを採用しています。

現在、最も進んだ技術をもつインプラントはセラミックインプラントです。「ガン予防」に最適です。

他の治療法との違い