「金属」を使わないインプラント治療
痛みの少ないインプラント治療
インプラント義歯について

失った歯のための新しい治療=インプラント義歯

現在の平均的な歯科治療として、歯を喪失した場合には着脱式の義歯を作成することが一般的です。しかし、咀嚼時に義歯は上下左右にも揺さぶられ、また時に外れ、食べ物が義歯の下に入り込んでとても痛くなることがあります。
それは義歯を支えている歯肉や、維持のため(外れないようにする)に鉤をかけてある歯が酷使されていることを現しています。この状態か継続すると歯肉や歯にとても良くありません。
歯肉に潰瘍ができたり、歯が痛くなったり、歯を支えている骨が溶けて抜けてしまいます。
これを回避するために昔からいろいろな工夫が成されてきました。例えば歯にかける鍵の数を増やす、設計を変える、義歯の固定度をあげる装置を開発する等です。いずれも利点と欠点があり、いずれも義歯の問題の根本的解決にはなりません。
義歯ではなく、全てインプラントで歯が無い部分を補えればよいのですが、全身状態、健康状態や経済的によって必ずしも可能とは限りません。
一般的に用いられている着脱式の義歯にインプラントを併用することでずっと使いやすく、歯肉や歯への負担を減らすことができるのです。

歯の欠損したところにインプラントを少数埋入し、磁石やボタンのようなものを設置します。義歯の中にも磁石やボタンがはまる様な器具を埋め込んで、インプラントと確りはまるようにします。このようにすると、咬んだときにも義歯は動きにくくなり、非常に咬みやすくなります。さらに、自分の歯も守られて傷みにくく、歯の寿命が長くなります。

マグネットデンチャ―

歯茎と入れ歯にマグネットを埋入し、その磁力によって義歯を維持します。
残っている自然歯が少ない場合に、金属で固定する入れ歯にすると残っている歯に負担がかかってしまい、すぐに抜かなければならなくなってしまいます。
そのような場合、磁石を利用した義歯なら残っている歯の負担も軽く、強度の維持ができるので有効です。
また残っている歯がダメになってしまった場合もインプラントを利用し比較的簡単に修復できるのがメリットになります。

インプラント埋入25万円 
部分入歯 30~50万 
インプラント埋入25万円 
部分入歯 30~50万 
他の治療法との違いはこちら
費用についてはこちら