安全性・安定性について

安全性・安定性について

インプラント治療は必ず手術を伴うため、絶対に安全ということはありません。通常の虫歯治療や、歯周病治療よりもリスクはあります。しかし、決して高いものではありません。
抜歯も比較的頻繁に行われる治療ですが、多くのインプラント埋入手術は、それと変わりません。
顎の場所によっては、かなり注意しなければならない場所があるので、CTレントゲン写真が診断上必要になります。きちんと診断ができれば、大きな危険は避けられます。診断したうえで、かなり危険性が高ければ治療方針を変えなければならないこともあります。

チタンインプラントに関しては40年以上の歴史があるので、歴史に裏付けられた安定性があります。「激安国産10万円インプラント」のように治療実績のないものは薬事法を通過していたとしても安定性には疑問が残ります。

チタンが金属であるが故の問題を克服したジルコニアインプラントは安定性、生体親和性においては最善のと考えますが現在のところ10年程度の歴史しかないのでこれからの成果に期待するものがあります。

また、インプラント治療後に違和感や不具合が出ることもありますので、十分に御理解いただけることをお勧めします。以下に可能性のある症状を列記いたします。
1. 舌や頬を噛みやすくなる。
2. インプラントと噛み合う自分の歯が痛くなる。
3. インプラントと噛み合う銀歯、さし場歯などが外れるもしくは壊れる。
4. インプラントと義歯が共存する場合、義歯の部分が痛くなる。
5. 発音が悪くなる。話しにくくなる。
6. 唾液の量が過剰に増える、もしくは減少し口の中が乾燥する。
7. 食事の時に噛む音が大きくなる。
 

手術後のメンテナンスについて

インプラント5年保証
インプラントの最終補綴物装着後に5年間の保証を致します。装着時には最終確認を致します。
保証の対象は、フィクスチャーの破折、上部構造物およびパーツの破損であり、客観的に損傷が見られる場合に限ります。違和感、色が合わない又は、合わなくなくなってきた等、主観的な物に対しては対象外になりますので御了承下さい。
仮歯を装着の場合半年以上継続的に使用の場合には対象外となりますので御了承下さい。

1.当院が提示する保証対象となる治療方針に同意してください。
 インプラント治療を長期に成功させるには咬み合わせのバランスが非常に重要になります。
 インプラント治療後も同意いただかない場合は保証を外させていただきます。
 インプラント以外にも現在歯において自費治療の必要がある場合があります。
2.アポイントは、必ずお守りください(キャンセルの状況によっては保証できないこともあります)。
3.半年毎のメインテナンスは必ず受けてください。受けない方は対象の除外となります。
4.口腔内の状態によっては、来院頻度を変えていだたくこともありますのでご了承ください。

 それに従って来院してください。
5.他の歯科医院と並行して通院される場合、もしくは通院されている事が発覚した場合は 保証の対象から外させていただきます。
6.インプラント義歯の場合はインプラント部分のみ保証の対象とさせていただきます。
7.喫煙される方は保証の対象から外させていただきます。 また、虚偽の申告が発覚した場合も保証の対処から外します。
8.インプラント治療後に全身性疾患(糖尿病、心臓弁膜疾患、脳血管障害、認知症など)を発症もしくは悪化したした場合は対象から外させていただきます。また、事故などにより障害がある場合には保証の対象から外させていただきます。
9.何らかの理由により(全身状態や本人の要望等)によりインプラントの除去が必要な状況に至った場合も保証の対象から外させていただきます。
10.転居等で通院不能な場合は保証の対象から外させていただきます。

アフターメンテナンスとインプラントの寿命
  • インプラントでのかみ合わせに問題がないか、負荷がかかってないかがポイントのひとつです。
  • インプラントはメンテナンスが良好であれば、 10年から20年は 95 %以上の確率で維持できるものです。
  • 日ごろのブラッシングや定期検診、メンテナンスの心がけで、インプラントの寿命が変わります。
定期健診の重要性

インプラント治療が終わったからといって、そのままでインプラントが一生機能するわけではありません。
インプラントを長持ちさせるには様々な努力が必要になります。
例えば、インプラント周囲組織の炎症を防ぐこと、歯石・歯垢などの汚れが付着してないか、上部構造(かぶせもの)の状態は問題ないか、などが重要になります。
そのためには、日頃から、家庭内でしっかりとブラッシングをするとともに、定期的にプロに相談し、検診を受けるようにしましょう。