インプラント治療は誰でも出来るの?

虫歯の治療などが誰でも受けられるように、インプラント治療も健康な方であれば、どなたでも治療可能です。

しかし、インプラント治療以外の治療が適している方もいらっしゃいます。

たとえば、歯が無い場所の顎の骨が薄い方は、そのままではインプラントを埋め込むことが出来ません。骨を厚くする再生療法が必要になります。また、金属アレルギーのある方はチタンインプラントよりもセラミックインプラント(ジルコニアインプラント)を使われた方が良いでしょう。
また、残念ながら、糖尿病で血糖値が高い方や心臓弁膜の疾患のある方は、インプラント治療を避けた方が良いでしょう。

適応年令

年齢の上限は基本的にありません。
骨の発育が活発な思春期は骨成表の安定を観察しながらの治療をした方が良いでしょう。

全身的な病気

高血圧、心疾患、糖尿病、骨粗しょう症等についてはインプラント治療を行う際には注意が必要となります。

高血圧、心疾患については通常の抜歯等の外科的術と同じように注意が必要となりますが、現在通院していたり過去に経験がある場合は、主治医の先生にインプラント治療が可能かどうか相談する必要があります。

重い症状でなければ、手術前からしっかり管理を行えば比較的安全に行えます。 糖尿病の方は免疫細胞が障害され、傷口の治癒能力の低下や、感染に対する抵抗性の低下が見られます。しかし、血糖値がしっかり管理されている糖尿病の患者さんであれば手術の前に抗生物質の投与と手術後の経過観察をしっかり行えば、健康な方と同様に治療が可能です。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、全身の骨量が低下して骨の脆弱性が増し骨折が起こりやすく病気です。顎の骨は骨粗しょう症により影響をあまり受けません。

歯ぎしり

歯ぎしりなどの悪習癖はインプラントや残っている歯に悪影響を及ぼします。そのような方は正確なかみ合わせの確保とマウスピースを使用することによりできるだけ歯に対するストレスを無くしたほうがいいと考えます。

その他

その他のご病気としましては、甲状腺機能障害、呼吸器疾患(気管支喘息など)、腎疾患、血液疾患重度の肝疾患などが挙げられます。
個々の状況や症状に応じて主治医、内科医の診断を考慮してインプラント治療を行う必要があります。

他の治療法との違い インプラント治療の費用についてはこちら